目の下のたるみが消えた男性の私が試した方法をこっそり報告します!

  • 「目の下のたるみが消えたって話、聞いたことないけど…」
  • 「女性もそうだけど、男性の目の下のたるみは印象悪いよね…」
  • 「男性で目の下のたるみが消えた方法が知りたい!」

 

目の下のたるみが消えた目元

 

目の下のたるみが気になりだしたのは、いつ頃からだったでしょうか?

 

おそらく25歳くらいからだったと記憶しています。

 

女性がよくいう「なみだ袋」というものが、私は小さいころからある「つぶらな瞳」をしています(笑)

 

その当時はなみだ袋という言葉を知りませんでしたが、私にとっては一つの自信となる体の部位だったのです。

 

しかし、男性でなみだ袋がある目の人ほど、加齢によって目の下のたるみが目立ちやすくなるって聞いたときには、とても納得させられました。

 

このページでは、目の下のたるみが原因で老けて見られ続けた男性の私にとって、思わぬ方法で目の下のたるみが消えたという経験談をご紹介しています。

 

 

 

目の下のたるみのせいで、30代なのに40代と間違われることがほとんどだった

 

私は今年で35歳になる保険の営業マンをしている既婚、子供2人とサラリーマンです。

 

営業をしていることもあり、人一倍見た目には気を使っているのですが…。

 

20代の後半くらいには、右目の下のたるみが「ソラマメ大」になってしまい、非常にネクラな印象を与えてしまう見た目になってしまいました。

 

前日、飲み会で寝不足だったり二日酔いだったりした時には、鏡に映る自分の姿をみて「老後の自分の姿を連想させる」ような見た目をしていると感じたことが何度もあります。

 

「おれ、年取ったら、きっとこんな見た目になるんだろうなぁ」

 

目の下のたるみが消えたら、印象が変わった

 

それが、ある日妻が使っているある商品に興味がわいて、女性用にも拘らずそれを使わせてもらいました。

 

「最初はこんなのが効果あるのかよ」

 

そんな感じで正直バカにしていたというか、真面目に毎日続けている妻をからかうようなことを言ってしまったほどでした。

 

しかし、目の下のたるみが消えただけでなく、目じりが上がったというか…。

 

側頭筋を持ち上げた時の顔全体のたるみが取れた時の、あの表情に近い状態が普通になっていることに気づいたんです。

 

男性の私が使って目の下のたるみが消えた方法

 

男性の私が使った目の下のたるみが消えた方法は、おそらく日本の中でも数人しかいないのではないかと思います。

 

だって、女性向けの化粧品なので、男性は使おうとも思わないはずなんです。

 

私が使った目の下のたるみが消えた方法は「ドットイー」といわれる、眼輪筋を鍛えて、刺激して、血行を良くする機械です。

 

機械といったも、サイズはスティック糊(のり)くらいのコンパクトなもので、付属されている美容液のようなものは奥さんに怒られるので最低限しか使っていませんでした。

 

調べてみると目の周りには「ツボ」がたくさんあるので、そこを刺激することで血流や気の流れも良くなるみたいです。

 

普段からスマホを見る機会が多いわけですが、この機会を使った後は視界が開けるというか、スマホの画面も非常にカラフルに見えるようになります。

 

まとめ

 

なかなか続かない人が多いと思うのですが、私はこれを風呂上りにササっとやるだけ…。

 

そんな簡単で片手間で続けていたら、男性の私でも目の下のたるみが消えたから驚きです!

 

奥さんがいる人で、奥さんも目のたるみやくすみ、目元の衰え、垂れ下がったまぶたなど、目元に不満がある方なら…。

 

ひとつ購入して夫婦で兼用してみると良いですね♪

 

このページの先頭へ戻る