トップへ » Q.インプラントを入れてすぐ、インプラント体が動揺・脱落してしまった

Q.インプラントを入れてすぐ、インプラント体が動揺・脱落してしまった

A.何らかの原因で骨とインプラント体がきちんと結合していなかった事が原因です。

以前の歯の感染がひどく骨の中にばい菌が残っていた場合や、極端に骨が少なかったり骨密度が低かった場合、また、骨が硬すぎて出血がほとんどなかった場合にも起こります。

→骨が治るのを3ヵ月位待ってから再び植立しなおします。
 2回目の骨は1回目の骨よりも硬く・密度も高くなっているため成功率も上がります。

また、イミディエイトローディング(即時負荷)といって、インプラント体を植立した
その日に仮歯を取り付けて機能させるテクニックがあり、この治療法も
インプラント体早期脱落のリスクが少し高くなります。

これは、インプラント体と骨との、組織学的な結合が得られていない時期に
(機械的な維持力・ネジ止めの力のみで支えられています)加重をかけるために起こります。
機能圧と維持力(ネジ止めの力)のバランスが失われた時に脱落します。

>>よくある質問一覧に戻る


トップへ » Q.インプラントを入れてすぐ、インプラント体が動揺・脱落してしまった


文字サイズ
を変更する