2009年4月 « トップへ » 2010年1月

2009年8月17日

精度の高いアドバイスしたいから~インプラント簡易検査

インプラント簡易検査

当院では、治療前カウンセリングを行っています。患者さまには少し負担となりますが、あえて有料相談にさせていただきました。

CT・X線検査最近、「無料カウンセリング」というのをよく耳にします。しかし、無料ではアドバイスできる範囲に限りがあり、プロとして精度の高いカウンセリングができないのではないかと感じています。

無料でカウンセリングを実施している医院が多い中、当院ではあえて有料<5,250円(税込)>とさせていただいております。

最初のカウンセリングであっても、きちんとCT診断を実施。
患者さま一人ひとりに合った正確なアドバイスをさせていただきます。

精度の高いカウンセリング正しいアドバイスを行うには、綿密な検査が不可欠です。無理に治療を勧めることもありません。もし、あなたがインプラント治療に迷っているなら、ぜひ一度カウンセリングにおこしください。


お電話(03-3453-2867)あるいは予約フォームよりお問い合わせ下さい。

インプラント簡易検査お申込み画面

2009年8月 7日

当院ではCTを設置し、正確な診断を行っています

 当院ではCTを設置し、正確な診断を行っていますインプラント治療は、正確な判断と診断が求められるため、一瞬たりとも気を抜けません。

正確な診断を行うためには、CTは不可欠です。
CTに映し出される骨格やあごの状態など見ながら、レントゲンでは見えない骨の形や神経が通っている場所を確認し、正確に治療の方法を判断していきます。
 
ところが、現状CTは大学病院や総合病院など大きな施設にしかなく、開業医で設置しているケースは多くありません。
患者さまに外部の撮影センターでCT撮影してもらい、そのデータを見ながら、診断していくことが多いのですが、その費用は数万円にもなり、患者さまにとっては大きな負担になっていました。
 
これらの問題を解消するために、当院では院内にCTを設置し安全で正確なインプラント治療を行っています。
 
さらに、当院のCT室の雰囲気は他の撮影センターとは少し様子が違います。
壁一面に雲模様が描かれたファンタジーな世界が広がっています。
実は、この壁紙にはある秘密が隠されているのです!
何が隠されているかは、お楽しみ。宝探しの気分で来てください。

 当院ではCTを設置し、正確な診断を行っています

2009年8月 5日

患者さまが座る椅子には、こだわりました

患者さまが座る椅子には、こだわりました当院では診察台にドイツ・カボ社製のデンタル・チェアーを使用しています。

この診察台は気分が明るくなる黄色のカラーと、やわらかな形が特長です。
無機質になりがちな診察台ですが、ゆるやかな曲線美と金属感のなさが、温かさを感じさせてくれます。
卓越した機能を持った、最高級の診察台です。

『無影灯』を設置した、本格的なオペ室を用意しました

無影灯を設置した本格的なオペ室を用意しました当院のオペ室は本格的、かつ落ち着いてインプラント手術が受けられる環境を整えています。
 
『無影灯』を設置することで、手元に影が映らず、正確な処置を行うことが可能です。
また、オペ中には患者さまのからだに生体情報モニターを装着し、血圧などを自動計測します。微妙な体調の変化を、素早くとらえることができるので、とても安全です。
 
また、オペ中の患者さまの緊張を和らげることも重要です。
オペ室の窓ガラスからは明るい光が差し込み、オペ室の緊張感はございません。
 
通常診療より長時間になることも考慮し、患者さまが少しでも疲れないような、ソフトなクッションの座り心地のよい診察台を用意しました。
ぜひリラックスして手術を受けていただきたいと思います。
無影灯を設置した本格的なオペ室を用意しました

生体監視モニターで、手術中の血圧変化を測定します

生体監視モニターで、手術中の血圧変化を測定します手術中の心脈拍や血圧の変化などは、患者さまのからだに大きな負担を与えます。
当院では安全な手術を行うために、手術中にCOLIN社製の生体情報モニターを装着し、血圧や心電図・脈拍・血液中の酸素飽和度などを自動計測しています。

このモニターは"HASTE機能"を搭載した高性能機種で、心電図の変化に併せて血圧を自動的に測定するものです。
手術中の血圧変動をすばやくキャッチし、患者さまの体調変化を見守ってくれます。

当院でインプラントを受けた患者さまに、感想を聞いてみました

当院でインプラントを受けた患者さまに、感想を聞いてみました当院でインプラント治療を受けている患者さまに、治療についての感想を伺いました。
どんな医院でどんな診療を行っているのか、写真や文字だけでは、なかなか伝わらないと思いますので、実際の患者さまの声をご参考にしてみてください。

>> 患者さまの声PART2へ

患者さまの声をご紹介します 6

患者さまの声をご紹介します 6

2009年8月 4日

患者さまの声をご紹介します 7

患者さまの声をご紹介します 7

2009年8月 3日

Q.インプラントを入れてすぐ、インプラント体が動揺・脱落してしまった

A.何らかの原因で骨とインプラント体がきちんと結合していなかった事が原因です。

以前の歯の感染がひどく骨の中にばい菌が残っていた場合や、極端に骨が少なかったり骨密度が低かった場合、また、骨が硬すぎて出血がほとんどなかった場合にも起こります。

→骨が治るのを3ヵ月位待ってから再び植立しなおします。
 2回目の骨は1回目の骨よりも硬く・密度も高くなっているため成功率も上がります。

また、イミディエイトローディング(即時負荷)といって、インプラント体を植立した
その日に仮歯を取り付けて機能させるテクニックがあり、この治療法も
インプラント体早期脱落のリスクが少し高くなります。

これは、インプラント体と骨との、組織学的な結合が得られていない時期に
(機械的な維持力・ネジ止めの力のみで支えられています)加重をかけるために起こります。
機能圧と維持力(ネジ止めの力)のバランスが失われた時に脱落します。

>>よくある質問一覧に戻る

Q.上部構造体が破損してしまいました(歯が欠けた)

A.特に白い人工歯の場合は、高い確率で起こりうるトラブルです。
インプラントには歯根膜というクッションがないため、咬んだときの衝撃が強くなります。
そのために人工歯に強い衝撃が加わり、破損しやすくなります。
→修理で対処します。

>>よくある質問一覧に戻る

Q.噛みごこちが少し違うのですが・・・

A.天然歯には、歯とあごの骨の間に歯根膜というクッションがありますが、
インプラントにはこのクッションがないので、噛んだときの力が骨に直接伝わるためです。
→周りの歯とのバランスを考えながら噛み合わせの調整をします。

>>よくある質問一覧に戻る

Q.見た目が天然歯と違うのでは?

A.特に前歯などの審美領域の場合は、大きな問題となりますので、治療計画の段階で先生とよく話し合う必要があります。

インプラント体と歯茎との関係は、下にある骨形態に左右されるので、場合によってはインプラント手術前に骨を作る手術が必要ですし、歯茎と骨が経年的に退縮していく可能性もあります。

>>よくある質問一覧に戻る

Q.インプラントにかぶせた人工の歯が揺れます

A.インプラント体につながっているコンポーネントのネジが緩んでいるか、折れているか、セメントが溶けているか、又はインプラント体自身の失敗が考えられます。

コンポーネントの緩みは、ネジの増し締めや部品の交換で治りますが、
インプラント体が原因の場合はインプラント体を取り除かなければいけません。
担当医の診査が必要です。

>>よくある質問一覧に戻る

患者さまの声をご紹介します 8

患者さまの声をご紹介します 8

チェック・調整・SET

チェック・調整・SET2週間後 技工所から製作物が届きました。
今回はフェスタ・デンタルテクノロジー(インプラント技工では日本TOPレベルの技工所です)に製作をお願いしました。

次へ

チェック・調整・SET スクリューリテイニング方式です。製作には高い適合精度を要求されますが、セメント合着方式に比べて数多くの利点を有します。

次へ

チェック・調整・SETドクター:いよいよ歯が入りますね。
患者さん:楽しみです。

次へ
チェック・調整・SET
ドクター:お口の中に入れる前に構造をごらんになってみてください。歯ブラシの当てる方向などの参考になると思います。【清掃の練習です。すき間を少し開けてあるのでそこから歯ブラシの毛先を届かせます】

患者さん:この歯は自分でネジをはずして取れないんですよね?
ドクター:ご自分で 取りはずす事は出来ません。

次へ
チェック・調整・SET
仮に新しい歯を装着してみます。

次へ
チェック・調整・SETドクター:違和感はいかがですか?押されるような感じなどございませんか?
患者さん:それはありませんけれど、内側がすごく出っ張っていて舌にあたる感じです。

【これはよくある症状で、長期間歯がない状態に慣れてしまうとそこに舌や頬が入り込み新しい歯に違和感を覚えます。これはほんの少し形を変えることで改善するケースがほとんどです】

次へ
チェック・調整・SET
再び入念にチェックして調整します。

次へ
チェック・調整・SET
レントゲンでの最終確認です。適合性や骨の状態をチェックします。

次へ
チェック・調整・SET
ドクター:咬んでみて具合はいかがですか?
患者さん:ワーきれい。咬みあわせも大丈夫です。舌の違和感もほとんどなくなりました。

次へ
チェック・調整・SET
患者さん:大満足です。バランスが取れて頭もよくなりますか?力もわいてきました。
ドクター:はははっ・・・・

チェック・調整・SET

次へ
チェック・調整・SET
患者さん:今日のお昼ご飯が楽しみです!

2回目の手術当日です

2回目の手術当日です患者さん:今日は何をするんですか?
ドクター:今日は麻酔をして歯ぐきを少しだけ切開し、インプラント体の上に装置を連結します。それが終わったら型も取らせていただきますね。


患者さん:痛いですか?
ドクター:痛くないですよ。
次へ
2回目の手術当日です
【手術と言いましても大げさなものではなく、5ミリぐらい歯茎をきるだけです】
インプラント体に装置を連結したら次は型取りに入ります。

次へ
2回目の手術当日です
トレーには接着剤を塗布して、穴はワックスで塞いでおきます。

次へ
2回目の手術当日です
専用トレーに印象材を盛りつけ・・

次へ

2回目の手術当日ですドクター:固まるまでがんばってください。
患者さん:「・・・・・・」

【7~10分間です】

次へ

2回目の手術当日です型取りが終わりました。この型を技工士さんにデリバリーして歯の製作に取りかかってもらいます。

次へ
2回目の手術当日です
咬みあわせをみる為に対合歯の型もとらせて頂きます。

次へ
2回目の手術当日です
ドクター
:新しい装置が付きました。舌に引っかかったりいやな感じはありますか?
患者さん:いいえ、大丈夫です。
ドクター:入れる歯の咬む面は白いものと金属どちらで作りましょうか?

【奥歯で一番力のかかる歯ですから、こだわりがなければ金合金の方が機能的には優れています。】

患者さん:奥歯ですし、特に白い歯にこだわっていないので金属でお願いします。
ドクター:承知いたしました。
次へ
2回目の手術当日です
ドクター:いよいよ2週間後には歯が入る予定です。楽しみですね。


>> チェック・調整・SETへ

2ヵ月後の診査

2ヵ月後の診査ドクター:こんにちは。この1ヵ月は特に何か変わった事はございましたか?
患者さん:いいえ特に何もありませんでした。もう3ヵ月経ちましたっけ?

【粘膜の状態や清掃状況・異常の有無・咬合状態などを診査させていただきます】

次へ

2ヵ月後の診査ドクター:いいえ、まだ2ヵ月ですよ。特に異常はありませんね。もう歯を取り付けても大丈夫な時期なのですが、万全を期してあと1ヵ月待ちたいと思います。
今日は専用のトレーを作るため型取りをします。15分ぐらいで終わりますから。

次へ

2ヵ月後の診査 普通の歯の治療に使用するトレーとは異なります。それぞれの患者さんの歯型にぴったりの型取り用トレーを作って次回に備えます。


>> 2回目の手術当日ですへ

1ヵ月後の診査

1ヵ月後の診査ドクター:この3週間は何か異常はございませんでしたか?
患者さん:ぜんぜん何ともなかったです。

次へ

1ヵ月後の診査粘膜の状態や清掃状況・異常の有無・咬合状態などを診査させていただきます。

次へ

1ヵ月後の診査ドクター:特に異常はありませんね。
患者さん:それじゃもう歯が入りますか?
ドクター:イエイエそれはまだです。下顎の場合6週間で骨と結合すると言われていますが、安全のため3ヵ月ぐらい咬合力をかけるのは待ちたいと思います。それから歯を入れていきますね。
患者さん:ハイ、ゆっくり待ちます。

次へ
1ヵ月後の診査
ドクター:ではまた、来月お待ちしております。

>> 2ヵ月後の診査へ

1週間後の抜糸時

1週間後の抜糸時ドクター:具合はいかがですか?
患者さん:やっぱり腫れました。一昨日ぐらいから押しても何ともないです。

【腫れは通常出てきます。痛みの程度は個人差があり、数日間はジーンとしたとおっしゃる方から、全く痛くなかったとおっしゃる方まで様々です】

次へ

1週間後の抜糸時ドクター:それでは今日は縫合してある糸を取りましょう。
患者さん:糸は邪魔だったので自分でとっちゃいました。

ドクター:「・・・・・」

次へ

1週間後の抜糸時特に異常所見はみられませんでした。あとはしばらくの間インプラント体が骨と確実に結合するのを待ちます。
清掃についてご説明して今日は終了です。

次へ

1週間後の抜糸時
ドクター:それでは次回は3週間後にお見せください。
何か心配な事がございましたらいつでも連絡してくださいね。

>> 1ヵ月後の診査へ

1回目の手術当日です

1回目の手術当日です患者さん:ちょっと早く着きすぎてしまいました。
ドクター:おはようございます、いいお天気ですね。緊張なさってますか?
患者さん:それがぜんぜんしてないんです。というよりやっとこの日が来たという感じです。
ドクター:今日はよろしくお願いします。それではまずはじめにこのお薬を飲んでおいてください。

【術前に感染予防のため抗生剤と消炎剤を服用していただきます。これにより術後の痛みを最小限にすることが出来ます】

次へ

1回目の手術当日です衛生士:おはようございます。ではお口の中をまずきれいにお掃除させていただきますね。

【プロフェッショナル・トゥースクリーニングです。機械的に歯垢を徹底的に除去します。また、同時に消毒薬も併用しますから少し苦い味がします】

次へ

1回目の手術当日ですすでに手術の準備は万全です。

次へ

1回目の手術当日ですクリーニングが終わりましたら麻酔をします。
【表面麻酔を効かせたあとに麻酔に入ります。麻酔をしてからしばらく時間を置いたほうが効果が確実です】

ドクター:表面麻酔を塗りますね。

【電動麻酔器で感覚を少しずつ鈍らせながら、出来るだけ痛くないようにゆっくり進めていきます】

次へ

1回目の手術当日です衛生士:麻酔効いてきましたか?
患者さん:うっ苦いっ・・・唇がいかりやチョースケみたい・・・

【麻酔が効いてきたらあとはもう痛くありません。】

次へ

ついに手術本番です。
1回目の手術当日です

次へ

1回目の手術当日ですドクター:終わりましたよ。お疲れ様でした。

患者さん:本当にぜんぜん痛くないんですね。驚きました。縫っている時、助手の人に唇を引っ張られているなという感じがありましたがそれが一番痛かったかな。生理食塩水がしょっぱかったです。

次へ

1回目の手術当日です
確認のレントゲンを撮ります。

次へ

1回目の手術当日ですドクター:骨の形が少し細いところがありましたが、治療計画どおりうまく埋入されています。腫れは少し出てくると思いますが、はげしい痛みはないはずです。もうしばらく休んでいってください。

患者さん:ワー。本当に骨のなかに入っているんですね~。

次へ

1回目の手術当日です患者さん:大丈夫なので帰ります。まだ唇が思うように動きませーん。ありがとうございました

ドクター:腫れはどうしても出てくると思います。何か心配な事があったらすぐに連絡してくださいね。どうぞおだいじになさって下さい。

>> 1週間後の抜糸時へ

2009年8月 2日

インプラント治療を終えて

インプラントは成功率の高い治療法です。
今回の治療も10年以上持つ確立は98%ぐらいですが、それでもやはり2%の失敗は考えられます。

当院ではきちんと定期検査に応じてくださる患者様については、インプラント体に関して10年以内に何か問題が起きたときに、無償で再治療をさせていただきます。

治療方針・計画は患者さんごとに異なりますので、治療の流れも今回の患者さんと同じとは限りませんのでその点はご了承ください。

インプラント治療は生活の質を高めます。インプラントについてもっと詳しくお知りになりたい方はどうぞご来院下さい。

最善を尽くす事をお約束いたします。

患者さまの声をご紹介します 9

患者さまの声をご紹介します 9

2009年8月 1日

患者さまの声をご紹介します 10

患者さまの声をご紹介します 10


2009年4月 « トップへ » 2010年1月


文字サイズ
を変更する