トップへ » 当院のインプラント治療 » 世界基準の滅菌システムで、院内感染を予防

世界基準の滅菌システムで、院内感染を予防

世界基準の滅菌システムで、院内感染を予防『安全な医療を目指し、患者さまを感染からお守りすること』
これは、わたしたち歯科医師が最も気を配らなければならないことです。来院するすべての患者さまは感染症を持っている可能性があります。
だからこそ、歯科医院ではすべての治療器具の滅菌・消毒を行う必要があるのです。

ヨシエ歯科医院では、世界基準の滅菌システム(インフェクションコントロール)を導入し、院内感染予防に積極的に取り組んでいます。

来院するすべての患者さまは感染症を持っている可能性があります。
また、患者さまのお口の中に入れる治療器具も感染源になりますので、使用した治療器具やハンドピース(歯を削る器械)は高圧蒸気で滅菌し、ほとんどのウィルスを死滅させます。

現在、日本の歯科医院ではハンドピースの滅菌が義務づけられておらず、
国内での滅菌実施率は10%台と極めて低い状態です。

しかし、当院では患者さまの安全を守るために、いち早く取り組み、60本あるハンドピースはすべてオートクレープで滅菌しています。

また、インプラント治療には通常よりもクリーンな環境が要求されます。
そこで、できる限り使い捨ての器具を使用し、衛生面を確保しています。

院内感染ゼロは安全な医療へとつながります。衛生面に関しても安心してご来院ください。


トップへ » 当院のインプラント治療 » 世界基準の滅菌システムで、院内感染を予防


文字サイズ
を変更する