トップへ » 当院のインプラント治療 » 当院の症例 » 症例10 若い女性

症例10 若い女性

若い女性の患者さんです。
さし歯が抜けて歯が割れてしまいました。
インプラントにするかブリッジにするかの選択です。

ブリッジにするために前後の歯を削るのには、かなりの抵抗感を持たれていたので、
インプラントを選択されました。
部分的な骨の造成をしてインプラントの埋入です。
「まったく違和感がないですね」と喜んでいただけました。
長い目で見るとブリッジよりもいい選択だったと思います。

症例10 若い女性


トップへ » 当院のインプラント治療 » 当院の症例 » 症例10 若い女性


文字サイズ
を変更する