トップへ » 当院のインプラント治療 » 費用について » 治療費に差があるのは、使用するパーツ数が関係します

治療費に差があるのは、使用するパーツ数が関係します

上でもお話ししましたが、インプラントの治療費は歯科医院によってまちまちです。
全国的にみると1本あたり20~65万円と、相当な価格差があります。
これは、どうしてなのでしょうか?
 

インプラントの料金は、大きく次の二つに分けられます。
 1.インプラント体(図の一番下、骨に埋め込むスクリュー)の値段
 2.かぶせ物(上部構造体)の値段

患者さまのお口の状態はおひとりおひとり異なるため、患者さまの状態に合ったインプラント体やかぶせ物などのパーツを選んでいくのです。
このとき、使用するパーツの数や素材などによって、治療費用全体が変わってきます。

下の表で代表的なパーツの組み合わせをA~Eに分類しています。
この中で、最も安くできるのは、一番パーツの少ないAタイプです。
また、インプラント体の価格もメーカーやシステムにより異なり、中には適正価格の1/4程度で売られている物もあります。

治療費を抑えられる点では大変魅力的でしょう。
しかし、良い治療結果を得るためには、価格のみにこだわるのは危険だと思います。
安いインプラントには安い理由がございますので、価格だけを判断基準にするのではなく、
治療後の長い人生を考えてインプラントを選ぶことをおすすめします。

A 代表的なパーツの組み合わせ001
インプラント体が一体構造で、その上にかぶせ物がセメントで合着される
B 代表的なパーツの組み合わせ002
インプラント体の上にアバットメント(粘膜と接して高さをコントロールするパーツ)がスクリューで接続され、その上にかぶせ物がセメント合着される
C 代表的なパーツの組み合わせ003
インプラント体の上にアバットメントと一体化させたかぶせ物がスクリューで固定される
D 代表的なパーツの組み合わせ004
インプラント体の上にアバットメント(粘膜と接して高さや角度をコントロールするパーツ)がスクリューで連結され、その上部にさらにコーピングと一体化させたかぶせ物がスクリューで固定される
E 代表的なパーツの組み合わせ005
インプラント体の上にジルコニア製カスタムアバットメントがスクリューで固定され、その上にオールセラミッククラウンが合着される。ハイエステティック

トップへ » 当院のインプラント治療 » 費用について » 治療費に差があるのは、使用するパーツ数が関係します


文字サイズ
を変更する