トップへ » 当院のインプラント治療 » 入れ歯・ブリッジとの比較 » そもそもインプラントとは何か、ご存知ですか?

そもそもインプラントとは何か、ご存知ですか?

そもそもインプラントとは何か、ご存知ですか?ここ数年、インプラントを入れる方が増えてきました。
歯の骨の中に人工の歯を埋めるということは、ほとんどの方がご存じだと思います。
でも、どの部分をさして、インプラントと呼んでいるのでしょうか?

インプラントとは、歯が抜けてしまった部分に埋め込む「人工歯根」のことを言います。

分かりやすく言うと、骨の中に土台となるネジを埋め込み、それの上から
人工の歯を入れるのです。
現在世界で最も主流となっている治療法です。

中には、「インプラントは一生使える」と思い、治療を受けに来られる方もいらっしゃいます。
確かにきちんとケアをしていけば、長期間使うことができますが、あくまでも人工物です。
長年使用しているうちにダメになることもありますが、30年は持ってほしいと思っています。

現在、失った歯を取り戻す完全な治療法は、残念ながらありません。
日本では、入れ歯や差し歯を作り、失った歯の機能を回復してきました。
しかし、健康な歯を削ったり、金具をかけたりするため、ほかの歯にもダメージを与えてしまいます。

一方世界では、インプラントによる治療が主流となっています。
インプラントは、隣の歯を削る必要もなく、入れ歯のように取り外す必要がありません。
長い目で考えれば、歯やあごのためにはインプラントの方が、はるかに大きなメリットがあると言えるでしょう。

再生医療が発展し、何十年後かには歯根膜(しこんまく)機能をもつ人工の歯を自由に作れるような時代が来るかもしれません。
そんな日がやってくる時まで、失った歯を取り戻す治療の主役はインプラントであると思います。


トップへ » 当院のインプラント治療 » 入れ歯・ブリッジとの比較 » そもそもインプラントとは何か、ご存知ですか?


文字サイズ
を変更する