トップへ » 当院のインプラント治療 » 将来まで考えたインプラント » 正確で安全な治療を行うために、CTと生体情報モニターを導入

正確で安全な治療を行うために、CTと生体情報モニターを導入

正確で安全な治療を行うために、CTと生体情報モニターを導入インプラント治療は、ほんの小さな診断ミスが大きな失敗へとつながるため、正確な診断が必要です。

骨格やあごの状態、神経までの距離などを正確に映し出すことができるCTは、インプラント治療に欠かせない機器の一つです。

これまで大学病院や総合病院など、大きな施設にしかなかったCTを院内に設置し、安全で正確なインプラント治療を行っています。

当院では、「決して誤った診断をしない」ことを目標に、歯科医、スタッフが
一丸となり、努力を重ねています。

院内にCTを設置したことで、骨の形を精密にとらえたシミュレーションができ、
より安全で正確なインプラント手術が可能となりました。

また、医科用CTと比べ、X線の被爆量は極めて低く(医科用CTの40分の1)、
人体への影響もほとんどありません。安心して、検査を受けてください。

また、手術中は生体情報モニターを使い、血圧や心電図・脈拍・血液中の酸素飽和度を自動計測しております。
血圧変動をすばやくキャッチし、患者さまの体調の変化を見守りながら、
安全に手術を行うことができます。


トップへ » 当院のインプラント治療 » 将来まで考えたインプラント » 正確で安全な治療を行うために、CTと生体情報モニターを導入


文字サイズ
を変更する