トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラントのトラブル・欠点 » 正しいケアを怠るとインプラントは脱落します

正しいケアを怠るとインプラントは脱落します

正しいケアを怠るとインプラントは脱落しますインプラントの周囲には歯と同様、プラーク(細菌のかたまり)が蓄積して、歯肉炎を発症させます。これがさらに進行していくとインプラント周囲の骨は骨吸収を起こし、そしてインプラント脱落へとつながります。

いつも清潔な状態にしていれば炎症は起こりにくいのですが、ブラッシングが悪くて汚れが長期間付着したり、体が弱って感染しやすくなっている状況では、生体防御のバランスが崩れて炎症・骨吸収が起き、悪化していきます。


ブラッシングなどで汚れを取ることで、進行のスピードを遅くすることも出来ますが、現代医学ではこの進行してしまった炎症・骨吸収を完全に止める治療法は、残念ですがインプラント体の除去しかありません。

正しいケアを怠るとインプラントは脱落します無症状であれば積極的に除去する必要はありませんが、何か症状があれば除去を考える必要があります。

また、上顎奥歯の場合には鼻に通じる上顎洞という空洞が近いので、深部まで感染が波及し、上顎洞(鼻の横にある空洞)まで達すると耳鼻科の治療が必要になるケースも考えられます。


トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラントのトラブル・欠点 » 正しいケアを怠るとインプラントは脱落します


文字サイズ
を変更する