トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラントのトラブル・欠点 » インプラント周囲炎を放置しておくと......

インプラント周囲炎を放置しておくと......

インプラント周囲炎を放置しておくとさらに炎症・骨吸収が進行しているインプラントに過大な咬合力が加わると、今度はインプラントの脱落へとつながります。天然歯は骨と直接結合している訳ではなく、歯根膜というクッションを介して骨に結合しています。

一方、インプラントは骨と直接結合しているため、まったく動きません。もし残っているインプラント以外の歯が失われたり、移動したり、磨り減った場合などはどうなるでしょうか?


骨と直接結合しているインプラントのみに咬み合わせ全体の力が集中してしまいます。つまりお口全体の管理を怠るとインプラントに過大な力が加わってしまうことになり、これがインプラント脱落の原因となります。定期健診はそうした危険な状況を早期に発見する意味でも重要です。

インプラント周囲炎を放置しておくともしインプラントがだめになり除去することになってしまった時、インプラントを除去した後に骨がまだ残っていれば再びインプラント治療が可能ですが、骨が少なければブリッジか入れ歯で再治療をしなくてはなりません。

インプラントはデリケートな治療です。あくまでも適切な治療・材料・管理によって治療された場合にのみ、長期間にわたって人々に恩恵をもたらしてくれます。


トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラントのトラブル・欠点 » インプラント周囲炎を放置しておくと......


文字サイズ
を変更する