トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラントのトラブル・欠点 » インプラント手術の失敗例

インプラント手術の失敗例

さて、ここからはインプラント手術の具体的な失敗例をご紹介しておきます。

失敗は絶対にあってはならないものです。しかし、医師の技術不足や治療計画の甘さなどから、インプラントがうまく埋入できなかったり、手術後の後遺症に悩まされる方もいます。なかには、訴訟に発展しているケースもあるようです。

正しいインプラント治療を選ぶためには、リスクを正しく認識し、厳しい目で歯科医師を見極めることも必要なのです。

手術時の血管や神経の損傷
インプラントを顎の骨に埋入する手術は、基本的に歯科医師のフリーハンドにて行います。そのため、埋入深度が深すぎると、顎の骨の下に走る神経を傷つけてしまうこともあるのです。

手術時の血管や神経の損傷神経を損傷してしまうと麻痺や感覚異常が合併症として現れます。また、血管の損傷は大量出血を引き起こしてしまうことがあります。CTが普及していなかった頃は、従来のパノラマレントゲン(2次元画像)のみでの診断・手術が主流でした。2次元画像では骨の形が平面的にしか判らないため一部盲目的な手術になってしまいます。


しかし、CTが発達した現在では、立体的に骨の形態を把握できるため、血管・神経の損傷は十分防止可能です。また、インプラント埋入位置や埋入方向の極端な不良は、人工歯を入れる段階になって形態的な問題(特に前歯部領域)を引き起こす事があります。これはインプラント・シュミレーションソフトなどで計画することにより避けることが出来ます。

上顎洞粘膜の損傷・炎症
上あごの奥歯の手術では、上顎洞という骨の空洞に接近します。骨が十分ある方は全く問題ありませんが、骨の量が少ない場合、上顎洞の粘膜を押し上げてそこに骨移植材・インプラントを埋入します。

粘膜は非常に薄くて破れやすく、炎症も起こしやすい組織です。起こりえる失敗としては粘膜の損傷による手術の中止、インプラントや移植材の上顎洞内への脱落や上顎洞の感染などがあげられます。残念ですがこれらを100%防止する手術方法は現在のところありません。リスクを含めた歯科医師との相談、メリット・デメリットの判断が必要です。

手術後の感染手術後の感染
手術後の腫れは通常問題ありませんが、細菌感染を起こしている場合は抗生剤の追加投与・場合によってはインプラントや移植材の除去が必要です。

感染のリスクを減らすために手術は清潔な環境下で行われるべきです。現在盛んに行われている抜歯をした当日に歯が入る"抜歯即時埋入インプラント"の1番の問題点は、細菌がたくさんいる環境下で手術をしなければならない点です。


トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラントのトラブル・欠点 » インプラント手術の失敗例


文字サイズ
を変更する